1. PR

    読み切りレビュー

    『おくたまのまじょ』丸紅茜 奥多摩に魔女がいる、と思う幸せ

    小林聖

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    『貝とオルタナロック』なこ ツンツン上司×バンドマン部下の百合恋

    川俣綾加

  3. PR

    明日発売の新刊レビュー

    『はなまる魔法教室』井上知之 魔女先生が勇気をくれる、やさしい魔法の物語

    根本和佳

  4. PR

    明日発売の新刊レビュー

    『文野さんの文具な日常』榎本あかまる 文具フェチな無愛想美人の恍惚の表情

    yomina-hare編集部

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    誰も幸せになれない一途すぎる恋の物語『青春、失格。』あさひあける

    たまごまご

  6. PR

    ニュース

    恋した相手は、兄の花嫁でした『たとえとどかぬ糸だとしても』第1巻発売

    yomina-hare編集部

明日発売の新刊レビュー

娘を殺したのは私? 自分自身と未来を変えるSFラブストーリー『サイソウラヴァーズ』江唯みじ子 

小林聖

「お前は将来、娘を殺す」残酷な未来を変えるため、母親は変わる

「あのとき別の選択をしていたら……」。
そんなことを考えたことのある人は、たぶんたくさんいるだろう。そういうやり直したい瞬間は、誰の人生にもひとつやふたつあるだろう。

ある日、夫から告げられたのは、自分が娘を殺すという信じられない未来だった

明日4月13日に発売される江唯みじ子氏の初単行本『サイソウラヴァーズ』は、ある家族の「やり直し」をテーマにしたSFラブストーリーだ。

未来を変える=自分自身を変える

昨年からスタートした「Kiss」「BELOVE」「ITAN」「ハツキス」、講談社の少女漫画誌4誌合同の新人賞「オトナ少女漫画大賞」で第1回大賞を受賞し、「Kiss」で連載となった『サイソウラヴァーズ』。物語はある夫婦の出会いからはじまる。

彼氏いない歴半年の主人公・蓮は、合コンで好みど真ん中の雪也に出会い、とんとん拍子で付き合いはじめ、結婚する。順風満帆に思える生活だったが、生まれた娘が1歳半になったとき、雪也から別れを切り出されてしまう。

突然の話に取り乱す蓮に、雪也は自分が未来からやってきたこと、そして彼女が未来で娘を殺したことを告げる……。なぜ未来で娘は死んだのか、雪也の真意とは何なのか、未来を変えることはできるのか……そんなミステリーを軸に物語は進んでいく。

幸せな結婚生活は、かりそめのものだった。穏やかな展開から一転して絶望的な言葉を投げかけられるシーンは、読んでいてもツラさが突き刺さる

「未来を変える」という物語はSFの定番テーマだ。タイムパラドックスの問題や、同じ未来にたどり着こうとする力など、さまざまな切り口で描かれる。

『サイソウラヴァーズ』の面白さは、「未来を変えること」が「自分を変えること」とつながっている点だ。

自分を変えたいときに必要なもの

雪也が語った話では、娘の死は蓮の感情的になりやすい性格が原因だった。もともと怒りやすかった蓮は、子育てのストレスで再び感情的になり、夫婦の関係は崩壊していく。そして、その末に娘が死ぬことになってしまったというのだ。

一度は離婚を受け入れようとした蓮だが、雪也の語った未来を変えると宣言し、離婚届を破り捨てる。それは、自分自身の性格を変えることと同じ意味だ。SF的なモチーフを使いながら、『サイソウラヴァーズ』は人の気持ちや感情にフォーカスを当てているのだ。

だが、自分の性格を変えるというのは口で言うよりもずっと難しい。
自分の気持ちなのだから、自分でコントロールできそうなものなのに、実際にはうまくいかない。蓮もまた、わかっているのにいたずらや失敗を繰り返す娘にいらだってしまう。そんななかで蓮は後悔を繰り返しながら、奮闘する。

感情的にならないように必死に自分に言い聞かせる蓮だが、娘の行動に振り回され、ストレスをため込んでいく

物語を読み進めていくなかで気づかされるのは、自分の性格を変えるのは実は自分ではないのかもしれない、ということだ。感情は自分の内側からわいてくるけれど、それを生み出しているのは他人や自分の外側のできごとだ。自分だけしか存在しなければ、感情は生まれない。だから、自分だけで感情をコントロールしようとしても、ストレスが増えるだけでうまくいかない。

自分を変えたいと思うとき、変えてくれるのはきっと他者なのだ。自分の意思ではなく、自分以外の誰かの想いや、誰かを想う気持ちこそが結果的に自分の性格を変えていく。

未来を変えようとする蓮の決意は、どのように運命に響いていくのか

だからこそ『サイソウラヴァーズ』は、「ひとりの女性の物語」ではなく、「家族の物語」なのだ。



試し読みはコチラ!

©江唯みじ子/講談社