1. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ボクサーパンツの「美少女(女装男子)」に惹かれるのは「変態」なのか?『ぼくの姫島くん』成平こうじろう

    小林聖

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ソシャゲ開発を通して描かれる、部下と上司の社会人百合『Now Loading...!』みかん氏

    yomina-hare編集部

  3. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美しく、力強い半人半馬たちの生き残りをかけた逃避行『人馬』墨佳遼

    武川佑

  4. PR

    新連載レビュー

    tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』兄嫁に恋した妹は想い行き先をどこに定めるか

    川俣綾加

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    コミュ症女子が料理でコミュニケーション『あたりのキッチン!』白乃雪

    yomina-hare編集部

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美大生のまっすぐな祈りの物語『モディリアーニにお願い』相澤いくえ

    根本和佳

明日発売の新刊レビュー

ボクサーパンツの「美少女(女装男子)」に惹かれるのは「変態」なのか?『ぼくの姫島くん』成平こうじろう

小林聖

学園のアイドルという幻想を打ち砕く、悪夢の秘密

学園のアイドルの秘密を知ってしまって急接近……。すべての男の子の夢である。ただし、知らなければよかった秘密というものもある。

超美少女の顔に、ボクサーパンツとちょっと男っぽい足。がっかりする気持ちの反面、妙になまめかしさを感じさせる、説得力のある絵が本作の魅力を支えている

4月20日に発売される成平こうじろう氏の初単行本『ぼくの姫島くん』は、まさにそんな「知らなければよかった秘密」を知ってしまった少年のラブコメディだ。2013年から「別冊花とゆめ」に不定期掲載され、第1話から4年の歳月をへての単行本化。待ち望んでいた読者も多いことだろう。

美少女にボクサーパンツ!

成績優秀、運動神経抜群、誰が告白しても振り向かない学校一の美少女・姫島アキラ。そんな彼女に恋をする地味なメガネ男子・古賀は、ある日姫島さんの秘密を知る。それは彼女が実は男であるということ。

しかも、本当の「彼女」は普段の天使のような振る舞いとは真逆で、自分の一挙手一投足に右往左往する人々を見て楽しむ悪魔のような性格であることもわかってしまう。

清純派の見た目から繰り出される暴言。これも「残念」ながら、徐々に憎めなくなる

ところが、悲しいかな、「姫島くん」は美少女である。しかも、一度恋した美少女だ。存在しない「姫島さん」への恋心を捨てきれないまま、古賀は「姫島くん」に振り回されることになっていく。

「姫島さん」という質量を持った残像

江口寿史氏の名作『ストップ!! ひばりくん!』もそうだが、「恋した女の子が男だった」という物語は極めてコメディ的でありながら、不思議と甘酸っぱく切ない読み味がある。
『ぼくの姫島くん』も、「姫島さん」の外面と「姫島くん」のえげつない本性のギャップなど、コメディテイストが強いが、一方で作中の古賀と同じように、読者も存在しないはずの架空の美少女にドキッとさせられてしまう。

男だとわかっていても「美少女」にこんなことを言われたらよろめいてしまう

「相手が実は男だった」というのは極端なケースではあるけれど、恋というのはその多くが本質的に架空のものなのだと思う。特に初恋などは、相手を知り尽くしているから好きになるというよりも、容姿や仕草、ほんのわずかなきっかけで始まる。相手の本当のところなんてものは、付き合ってみなければわからなかったりする。

そういう意味で、恋には熱量はあっても、実態としての質量はないといえる。すべての恋は、古賀の恋と同じように多かれ少なかれ「架空」なのだ。

『ぼくの姫島くん』の面白さは、その架空の恋が、架空でありながら質量を持ち始めるところだ。恋をした「姫島さん」は性別上も、性格的にも存在しない。だが古賀は、姫島さんの秘密を、自分の恋が架空であることを知った上で、戸惑いながらも「彼女」の秘密を守ろうとし、協力してしまう。

それは「姫島くん」のためというよりも、「姫島さん」を守るためだ。そして、架空の「姫島さん」をときどき「姫島くん」のなかに見つけてしまうからだ。

「姫島さん」は架空の存在に過ぎない。けれど、古賀と「姫島くん」の間には、ほんのわずかに「姫島さん」が存在している

古賀の恋はかりそめに過ぎない。だけど、そのかりそめに心を動かされ、一途に大事に思う気持ちは本物だ。そして、古賀が恋した「姫島さん」に触れることで「姫島くん」もまた少し変わっていく。

幻の恋ではあるけれど、ふたり の間に存在する「姫島さん」には、ほんのわずかな質量がある。この恋は質量を持った残像なのだ。



試し読みはコチラ!

©成平こうじろう/白泉社(別冊花とゆめ)