1. PR

    作家インタビュー

    『剥き出しの白鳥』鳩胸つるんインタビュー 「『ToLOVEる』よりも裸」から白鳥くんは生まれた

    籠生堅太

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    『剥き出しの白鳥(はくちょう)』鳩胸つるん 異端の「露出狂」漫画は、王道少年漫画だ!

    籠生堅太

  3. PR

    新連載レビュー

    『キャッチャー・イン・ザ・ライム』背川昇 般若、R-指定が監修の百合×ラップな新連載

    一ノ瀬謹和

  4. PR

    明日発売の新刊レビュー

    『ブルーピリオド』山口つばさ 才能にノウハウで立ち向かう美大受験物語

    根本和佳

  5. PR

    新連載レビュー

    『水族カンパニー!』(イシイ渡) 偏愛獣医×ドジっ子飼育員の水族館コメディ

    根本和佳

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    脇田茜『ライアーバード』音が見える天才少女と無愛想なギタリスト。2人の出会いが生む音楽

    たまごまご

読み切りレビュー

『私の神様』夢野つくし やさしい不条理と愛の在処

川俣綾加

不老不死の神様と輪廻し続ける恋人

「月刊少年ガンガン」2018年4月号に掲載された新進漫画家・夢野つくし氏による読切『私の神様』が、「ガンガンONLINE」にて5月13日まで掲載中だ。

永遠に幼い姿のままの神様と、やがては年老いて死ぬ少女。少女には神様にも言えない秘密があって……

とある田舎の大学生の山城かずさには、秘密がある——。
かずさは少年の姿をした「神様」と共に生活している。その昔、人間の恋人を助けるため理を破り、神の力を奪われ、幼い姿のまま永遠に生き続ける呪いをかけられた、人ならざる存在だ。かずさは神様が背負った呪いを知っており、現代での生活を支え見守っている。

この不思議な関係が表すのは「想いは伝わる」「通じ合う」といった、交差する感情の結果ではなく、並行する感情愛の在処だ。

※この記事には『私の神様』のネタバレがあります。ネタバレを避けたい方は、下記リンクよりまず作品をお読みください。作品のWEB上での公開は終了いたしました。



作品を読む

ふたりに課された、優しい不条理


数十年ごとに名前を変えながら小説を書き続けている神様を「先生」と呼び、一緒に暮らすため田舎の大学を選んだかずさ。大学を卒業後は村役場の公務員になり、ずっと先生のそばにいると意気込む。
変わらぬ熱情をもち、母親のような献身さで神様を世話をし続けるかずさは、遠い昔、神様が救った恋人の生まれ変わりだ。

ようやく人間に生まれ変わったかずさ。姿を変え何度も神様の前に現れていた

だが、神様はそのことを知らない。永遠に知ることのない、かずさだけの秘密だ。
神様は恋人の面影をかずさに垣間見ることはあれど、男女の恋愛には発展することはなく、いつまでもかずさを孫娘のように扱う。
子ども扱いされ不満げなかずさだが、それでも己の素性を明らかにしないのは、「神様をひとりにしないで」と願った彼女もまた呪いにかかっているから。

かずさの魂は、ある時は猫、ある時は鳥、ある時は花として生まれ変わり、神様の傍らにありつづけた。しかし、そのことを誰かに知られれば、呪いは解けてしまう。もちろん神様にも言うことはできない。

神様の呪いは「永遠に生き続けること」。人と同じく、傷つき、飢え、病に伏せることもある

神様は、かずさが成長するのをただ見つめるだけ。
かずさは、神様が何度も死ぬ姿を見つめるだけ。
ふたりが並行に歩みながらも愛し続ける物語なのだ。

NEXT 神様とは何だろうか

  1. 1
  2. 2

©2018 Tsukushi Yumeno/SQUARE ENIX