1. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ボクサーパンツの「美少女(女装男子)」に惹かれるのは「変態」なのか?『ぼくの姫島くん』成平こうじろう

    小林聖

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ソシャゲ開発を通して描かれる、部下と上司の社会人百合『Now Loading...!』みかん氏

    yomina-hare編集部

  3. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美しく、力強い半人半馬たちの生き残りをかけた逃避行『人馬』墨佳遼

    武川佑

  4. PR

    新連載レビュー

    tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』兄嫁に恋した妹は想い行き先をどこに定めるか

    川俣綾加

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    コミュ症女子が料理でコミュニケーション『あたりのキッチン!』白乃雪

    yomina-hare編集部

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美大生のまっすぐな祈りの物語『モディリアーニにお願い』相澤いくえ

    根本和佳

ニュース

恋した相手は、兄の花嫁でした『たとえとどかぬ糸だとしても』第1巻発売

yomina-hare編集部

兄嫁に恋した妹は想い行き先をどこに定めるか

高校生のウタは、新婚の兄夫婦と3人暮らし。兄・怜一の結婚相手は、兄妹の幼なじみである薫瑠(かおる)だ。大好きな近所のお姉さんだった薫瑠と怜一が挙式したのは1年前。
ウェディングドレス姿で愛を誓う薫瑠を見た瞬間、ウタは己の胸にある想いは恋なのだと気づく。

「コミック百合姫」での連載開始時、「yomina-hare」でもレビューを掲載したtMnR(とものり)氏『たとえとどかぬ糸だとしても』第1巻が本日、5月18日に発売された。

『たとえとどかぬ糸だとしても』レビュー

善い人々だからこそ残酷なのだ

ウタも、彼女を取り囲む人々も、みなとても善良だ。しかし善良さは時として残酷である。
表面を取り繕い内に悶々とした感情を抱え、行動に移すこともせず、まわりの心配をよそにひとりで悩む。これは卑怯にも見えるし、それでも兄夫婦の幸せを願う姿は美しくも見える。




レビューのつづきはコチラ!

レビューを読んで気になった人は、ぜひ単行本もチェックしてみよう!

©tMnR/一迅社