1. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ボクサーパンツの「美少女(女装男子)」に惹かれるのは「変態」なのか?『ぼくの姫島くん』成平こうじろう

    小林聖

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ソシャゲ開発を通して描かれる、部下と上司の社会人百合『Now Loading...!』みかん氏

    yomina-hare編集部

  3. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美しく、力強い半人半馬たちの生き残りをかけた逃避行『人馬』墨佳遼

    武川佑

  4. PR

    新連載レビュー

    tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』兄嫁に恋した妹は想い行き先をどこに定めるか

    川俣綾加

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    コミュ症女子が料理でコミュニケーション『あたりのキッチン!』白乃雪

    yomina-hare編集部

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美大生のまっすぐな祈りの物語『モディリアーニにお願い』相澤いくえ

    根本和佳

明日発売の新刊レビュー

「ヤらせて(一発10万円で)」お金で性交渉を迫る百合ラブコメ『将来的に死んでくれ』長門知大

たまごまご

お金を積んだところで、心が買えると思うなよ

「とりあえず10万円用意してみたの!」
「だから……ね? ヤらせて」

少女が金で友達を買う。「別冊少年マガジン」で連載中の長門知大氏の初連載作品『将来的に死んでくれ』の単行本が4月7日に発売にされる。

友達を、金で買おうとする女・菱川俊

お願い振り向いて、触らせて、お金払うから

黒髪のクールな美少女・刑部小槙(おさかべ・こまき)元気いっぱいの菱川俊(ひしかわ・しゅん)は、小槙のことが好きで好きで仕方がない。

もともと友達同士のふたりだが、今の俊の愛情は「えっちなことしたい」ベクトルに全振り中。「ヤらせて」と大声で連呼していた。
当然受け入れない小槙。暴走気味な彼女の性格を熟知している。
ついに俊は、自分で稼いだ万札を用意。お金で思いを成就しようと企む。

「セックスしよ!」
「ちょっと休んでいかない!?」
「先っぽだけだから!!」

黙っていたら、美少女ふたりなんだけども

お金の力をブーストに、俊の押しは加速気味。一方小槙の断り方も慣れたもの。
結局今のところ、万札は誰の手にも渡ってない。

俊の性愛

俊の思いは、「友情」からはじまり、「恋愛」を飛び越して、「性愛」として描かれる。
もともと腹を割って話し合えるような(というか俊が気持ちを隠すことができない)関係。その上で、お付き合いの段階を完全に無視して、「セックスしたい」が前面に出っぱなし。

あけっぴろげに「ヤりたい」「ヤらせろ」と言うことで、かえってふたりの関係はドライになっている。
返答をぼかしたり曖昧にせず「NO」と一言で答えられるからだ。

俊の暴投気味なアプローチは、ことごとく小槙にいなされる。ときには合気道のようにスパンときれいに返すので、見ていてとても気持ちがいい。
俊は彼女に「NO」と言ってもらうのを楽しんでいる節すらある。

俊がいい感じっぽいことを言うと、大体下心しかない。だから一言で斬る

相手への信頼感と恋愛と友情

俊は性交渉の話以外でも、ことあるごとに万札を出す。
小槙の弟がいいことを言ったらお金を渡そうとする。小槙にウインクしてもらったら、嬉しすぎてお金を払おうとする。
「お金で解決する」ではない。「こんな幸せになれて、対価を払わないなんてありえない」という思考パターンだ。

俊は自己評価があまり高くない。
小槙と弟が、俊を「美形」「綺麗」と評した時、涙と鼻水とヨダレを流して喜んだ。

「生まれてきて良かった……」「顔だけでも嬉しい……」

また、小槙の家に行く話が出た時も「そもそも小槙ちゃんが許すわけ」と、許可されない前提で物事を考えていた。

「お金を出す」というのは、相手に対して「自分がマウントを取る」「自分がへりくだる」の二通りがある。
俊の場合は後者。自分の価値を下にして、小槙の価値を高みに持ちあげている。
やたら押しまくる割に、お金を介在させないと自分なんかに小槙はもったいない、と考えている様子も見られる。

「お金で相手の心・体を買う」というのは、相手に対して距離のある、さみしいことだ。
小槙は頑として、ヤるヤらない問わず、お金を受け取らない。友達だからだ。

小槙「デート? してやるよそんくらい 女同士だ 遊びに行くようなもんだろ 金貰わなくても普通に行くよ」

小槙は俊のアタックをひらりとかわし続けていいるものの、彼女のことを決して嫌っていない。彼女の行動は批判するけれども、思いはバカにしない。
「恋愛」や「性愛」とは別のところにある、俊の思いの本質を、見抜いているからだろう。

イケメンな性格の小槙は、俊の気持ちをうまく切り返し、時々叱咤激励する

お互いの「このくらいやったら、このくらい返してくれる」という信頼感。
ドタバタした百合コメディであると同時に、見ていて不安にならない、安定感のある友情物語だ。



試し読みはコチラ!

©長門知大/講談社