1. PR

    新連載レビュー

    さもえど太郎『Artiste(アルティスト)』 パリの気弱な料理人、愛憎と騒動に巻き込まれる

    根本和佳

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    本能に悩まされる思春期のケモノ達『BEASTARS(ビースターズ)』板垣巴留

    根本和佳

  3. PR

    ニュース

    年の差で異文化なラブコメディ『ヤンキーショタとオタクおねえさん』第1巻発売

    yomina-hare編集部

  4. PR

    新連載レビュー

    河部真道『バンデット –偽伝太平記–』野心渦巻く南北朝時代、歴史を変えた“悪党”がいた!

    加山竜司

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    保谷伸『マヤさんの夜ふかし』深夜の魔女は普通の女の子…自堕落な日常と友情を描く

    小林聖

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    田村正一『サラブレッドと暮らしています。』 馬に蹴られて休載!? 現役厩務員、漫画家デビュー!

    加山竜司

ニュース

たった2人の悪党が歴史を動かす。『バンデット –偽伝太平記–』第1巻発売!

yomina-hare編集部

悪党が歴史を動かす時代があった!

力強い線と迫力、キャラクターの濃さ、骨太なストーリー性など、一度作品を目にしただけでも、強烈に脳裏に焼き付く。
まるで濃密な人生経験を濃縮還元したかのような作風だが、連載開始当時まだ24歳。
そんな驚異の新人・河部真道氏が贈る歴史ピカレスク『バンデット –偽伝太平記–』第1巻が本日2月23日に発売された。

新連載レビューはコチラ!

骨太な“ワル”を描く新人、最新作は歴史モノ!

舞台は鎌倉時代末期から室町時代へと到るまでの、南北朝の動乱期。
世の中に不満や怨嗟が充満し、行き場を失ったエネルギーがいまにも噴出しそうな「熱の時代」といえる。
そんな時代のうねりの震源地で、下手人であった主人公・石(セキ)悪党(既存の支配権力に抵抗する者)・猿冠者(さるかじゃ)と出会うのであった。




記事のつづきを読む

レビューを読んで気になった人は、ぜひ単行本もチェックしてみよう!

©河部真道/講談社