1. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ボクサーパンツの「美少女(女装男子)」に惹かれるのは「変態」なのか?『ぼくの姫島くん』成平こうじろう

    小林聖

  2. PR

    明日発売の新刊レビュー

    ソシャゲ開発を通して描かれる、部下と上司の社会人百合『Now Loading...!』みかん氏

    yomina-hare編集部

  3. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美しく、力強い半人半馬たちの生き残りをかけた逃避行『人馬』墨佳遼

    武川佑

  4. PR

    新連載レビュー

    tMnR『たとえとどかぬ糸だとしても』兄嫁に恋した妹は想い行き先をどこに定めるか

    川俣綾加

  5. PR

    明日発売の新刊レビュー

    コミュ症女子が料理でコミュニケーション『あたりのキッチン!』白乃雪

    yomina-hare編集部

  6. PR

    明日発売の新刊レビュー

    美大生のまっすぐな祈りの物語『モディリアーニにお願い』相澤いくえ

    根本和佳

ニュース

たった2人の悪党が歴史を動かす。『バンデット –偽伝太平記–』第1巻発売!

yomina-hare編集部

悪党が歴史を動かす時代があった!

力強い線と迫力、キャラクターの濃さ、骨太なストーリー性など、一度作品を目にしただけでも、強烈に脳裏に焼き付く。
まるで濃密な人生経験を濃縮還元したかのような作風だが、連載開始当時まだ24歳。
そんな驚異の新人・河部真道氏が贈る歴史ピカレスク『バンデット –偽伝太平記–』第1巻が本日2月23日に発売された。

新連載レビューはコチラ!

骨太な“ワル”を描く新人、最新作は歴史モノ!

舞台は鎌倉時代末期から室町時代へと到るまでの、南北朝の動乱期。
世の中に不満や怨嗟が充満し、行き場を失ったエネルギーがいまにも噴出しそうな「熱の時代」といえる。
そんな時代のうねりの震源地で、下手人であった主人公・石(いし)悪党(既存の支配権力に抵抗する者)・猿冠者(さるかじゃ)と出会うのであった。




記事のつづきを読む

レビューを読んで気になった人は、ぜひ単行本もチェックしてみよう!

©河部真道/講談社